Kansai Institute of  Information  Processing
〒 547−0026
大阪市平野区喜連西4丁目7番15号
06-6704-6800



過去の学校だより

平成26年度(平成26年10月実施)

学校評価(保護者用)アンケートの項目


1.質問内容 (集計:平成26年10月)
学校
経営
 1
学校は教育方針をわかりやすく伝えている。
 2
学校は特色ある教育活動を行っている。
 3
学校のホームページ(kiip.ac.jp)の保護者のページはわかりやすい。
 4
学校は保護者の要望によく応えている。
 5
学校が保護者に出す文章・事務連絡等は適切である。
学習
 6
子どもは授業が分かりやすいと言っている。
 7
その学年で、今年習った学習内容が身についている。
 8
検定試験に対応した学習がよく実施されている。

 9
先生は子どものよい面をほめてくれる。
教育
指導
10
先生は子どもの間違った行動は厳しく指導してくれる。
11
学校は子どもの能力や努力を適切に評価してくれる。
12
学校は子どものことについて、適切に相談に応じてくれる。
13
学校は進路〈将来)のことについて、よく話をしてくれる。
14
学校は命の大切さや、社会のルールを守る態度を育てようとしている。

15
子どもは学校へ行くのが楽しいと行っている。
学校
生活
16
学校の雰囲気が良く、子どもは生き生きと活動している。
17
子どもは学期行事(文化祭・体育祭・スポーツ大会)や宿泊を伴う行事等
に積極的に参加している。
自主
活動
18
子どもは生徒会活動・奉仕活動に積極的に参加している。
19
子どもは部活動に積極的に活動している。
環境
整備
20
学校は校舎内外の環境整備をよくやっている。
21
学校は、美化活動や環境の保全に関する教育活動をよくやっている。

質問に対する保護者の回答

回答数131名(在籍数 237名)

評価基準
よい
ややよい
やや不十分
不十分
わからない
全学年
全学年
全学年
全学年
全学年
学校
経営
 1
36.9% 35.3% 12.0% 0.8% 15.0%
 2
41.4% 35.3% 6.0% 1.5% 15.8%
 3
17.2% 27.6% 6.7% 1.5% 47.0%
 4
26.9% 43.3% 9.0% 3.0% 17.9%
 5
39.1% 41.4% 11.3% 0.8% 7.5%
学習
 6
23.3% 33.1% 20.3% 4.5% 18.8%
 7
16.0% 34.4% 22.9% 6.9% 19.8%
 8
31.1% 37.9% 11.4% 1.5% 18.2%
教育
指導
 9
39.1% 36.1% 3.8% 2.3% 18.8%
10
41.8% 38.8% 6.0% 5.2% 8.2%
11
38.3% 38.3% 5.2% 2.3% 15.8%
12
39.8% 36.8% 7.5% 1.5% 14.2%
13
39.8% 30.8% 9.8% 1.5% 18.0%
14
33.1% 38.3% 5.2% 3.0% 20.3%
学校
生活
15
28.8% 32.6% 18.0% 9.0% 9.8%
16
27.8% 35.3% 18.0% 9.0% 9.8%
17
32.3% 40.6% 12.0% 9.0% 6.0%
自主
活動
18
16.3% 24.4% 20.5% 15.6% 23.7%
19
20.8% 15.4% 16.2% 31.5% 16.2%
環境
整備
20
15.3% 33.6% 5.3% 3.8% 42.0%
21
21.4% 30.5% 5.2% 6.1% 36.6%
平 均
46.0% 45.9% 19.1% 11.0% 18.0%

【アンケート結果の特徴】
1.学校経営について
  学校の教育方針や教育活動については、おおむね評価して頂いていますが、学校の  教育方針の伝達にまだまだ工夫が必要である。
  保護者によるホームページの活用については利用度や認知度が低いままであり、ブロ  グも開設しているが、閲覧数が低い現状を打開していかなくてはならない。
2.学習について
  授業の分かりやすさについては「やや不十分」の意見のポイントが20ポイントを超えて  おり、授業の工夫や改善が求められている。「習熟度別」授業だけでなく、小テストの  実施や「少ない宿題」を実施するなど、対策を講じる必要がある。
  本校の看板である検定試験取得のための取り組みに対しては、おおむね評価されて  いる。しかし、「やや不十分」が10ポイントをこえていることを見逃すわけにはいかな   い。検定を取得できない場合の取り組みも検討していかなくてはならない。
3.教育指導について
 子どものことについての相談は、「やや不十分」の意見のポイントが7.5ポイントあり、相 談の機会を必要に応じて相談できる機会を増やしていかなければならない。
 また、進路のことについて、「やや不十分」が9.8ポイントある。「進路だより」を毎月1回 発行しているが、生徒の様子からは「不十分」と言えるのかもしれない。生徒の進路学 習の機会を増やす努力をしていく必要がある。
4.学校生活について
  本年は高校生として当たり前の行動ができるように生徒指導に取り組んでいる。しか  し、3つの項目で、「やや不十分」が10ポイントを超えてくなっている。生徒の学校   生活を楽しく、生き生きとしたものになるように生徒指導の改善や工夫が必要であ   る。また、保護者や生徒との意見を取り組んでいくことも必要と思われる。
5.自主活動について
  生徒がさまざまな行事やクラブ活動や自主的な活動を推奨しているが、生徒が自主  的に活動できる場を増やしていかなければならない。クラブ活動への参加やアルバイ  トなどを推奨しているが、そうした活動以外の場を増やすことが大切である。
6.環境整備について
  環境整備に関しては、第2情報室のコンピュータを刷新するなど、教育環境の改善  が見られ、また、生徒の活動を生徒自身に返す取り組みも増やしたため、評価が上  がった。