関西情報工学院専門学校
Kansai Institute of  Information  Processing
〒 547−0026
大阪市平野区喜連西4丁目7番15号
06-6704-6800







平成29年度 教員自己評価

※A 良くできている    B できている   C あまりできていない  
  D 全くできていない   E 評価不能
 
項目 関連部署
A  学習指導 教務・進路指導・全教科
@ 教育課程・指導体制
 ア カリキュラムは生徒の進路希望にあっているか。
 イ 生徒の学力を伸ばすための授業及び補習は充実しているか。
 ウ 公開授業などで学力を伸ばす努力がなされているか。
 エ 生徒の出欠の状況が把握・分析され、改善に向かっているか。
 オ シラバスが作成、公開され、その実践が総括されているか。
A学習・学力について
 ア 生徒は、基礎的・基本的な学力が身についているか。
 イ 生徒の自主的な学習の姿勢が身についているか。
 ウ 学年ごとの到達目標は達成できているか。
 エ 授業時数は確保されているか。自習の時間が多くないか。
 オ 検定学習・補習の時間は十分に確保されているか。
         
B  生徒指導 生徒指導・全教員
@指導体制
 ア 健全で、意欲的な学校生活を過ごせる場を提供しているか。
 イ 盗難・紛失防止のための対策が講じられているか。
 ウ 校内の美化・清掃活動が行き届いているか。
 エ カウンセリングなどの体制は充実しているか。
A学校生活
 ア 基本的生活習慣を身に付けさせ、公衆道徳や校則の遵守に努めてさせて
   いるか。(あいさつ・服装・時間を守る・登下校のマナー)
 イ 自立的な生活態度の確立に努めさせているか。
 ウ 生徒会・部活動への積極的参加を促しているか。
 エ アルバイトなど就労生活の準備を促しているか。
         
C 進路指導 進路指導・全教員
@キャリアガイダンス
 ア 3年間の進路指導計画は適切か。
 イ 生徒一人ひとりの進路選択に適切な指導がなされているか。
 ウ 進路実現のための的確な情報を提供しているか。
A進路状況
 ア 生徒一人ひとりの進路希望を実現させることができたか。
 イ 合格実績の目標は達成できたか。
         
D 施設の維持管理 教務・事務・全教員
@点検・改善
 ア 防火設備の点検・整備がなされているか。
 イ 防犯設備が点検・整備されているか。
 ウ 施設点検は、有効に実施されているか。
A維持・管理
 ア 施設の維持・管理は正当に行われているか。
         
E 危機管理体制 教頭・教務・生活指導・全教員
@生徒の安全管理
 ア 登下校の安全を図るための方策を持っているか。
 イ 生徒の事故・病気の時の緊急対応の方法が周知され、機能しているか。
 ウ 家庭との緊急連絡の方法は妥当か。
 エ 不審者の侵入を防ぐ警備体制が機能し、周知されているか。
 オ インフルエンザ対策は行われているか。
A防災体制      
 ア 防災訓練(地震対策)は有効に機能しているか。
 イ 災害時・緊急時のマニュアルの作成と周知徹底がなされているか。
 ウ 災害時の備蓄はなされているか。
F 学校行事
 ア 生徒の興味・関心を広げる学校行事が設定されているか。
 イ 行事日数・時期は妥当か。
 ウ 生徒が、行事に積極的に参加し、人間性の向上や社会生活の準備に役立っているか。
G 公開性及び外部への対応 教頭・教務・事務・全教員
@保護者対象      
 ア 学校の方針、目標などが周知されている。
 イ 生徒の学校生活の様子や問題点を保護者に伝えているか。
   (学年だより、進路だより、ホームページなど)
 ウ 保護者説明会・懇談会・公開授業などの回数は妥当か。
 エ 保護者の行事への参加は多いか。
A一般対象      
 ア 財務状況は公開されているか。
 イ 広報活動は効率的に行われているか。
 ウ 地域(中学校)との交流(学校施設を利用した中学教員研修)は定期的に実施しているか。
 エ 中学校への出前授業は定期的に実施しているか。
 オ 来校者への対応、電話での応対は、適切か。


学校評価(教員自己評価).pdf